みずほ銀行カードローンの手続きの流れ みずほ銀行カードローンの手続きの流れ

銀行カードローンのなかでも特にみずほ銀行カードローンは人気を集めています。
みずほ銀行カードローンではみずほ銀行の口座をもっていることが契約の条件になっています。ですから、みずほ銀行の口座をもっていないような場合には、カードローンの契約にあたってみずほ銀行の口座を開設する必要があります。
銀行カードローンですが、みずほ銀行の場合には実際に窓口まで足を運ばなくても、ネットで申し込みから借り入れまでを終えることができます。
本人確認書類の提出も、ネットから行なうことができます。

申し込みとしては20歳以上、65歳までのひとで安定した収入があれば行なうことができます。銀行カードローンのなかでは審査は速いといわれていますが、それでも即日融資を希望しているような場合には、できるだけ午前のうちに申し込みを行なうようにしましょう。

みずほダイレクトを使っているような場合で200万円以下の融資であれば、本人確認書類の提出も不要で借り入れを行なうことができるので便利です。
契約完了後はカードを利用してATMから借り入れを行なうことができるようになります。
キャッシング機能のないカードローン専用のカードを発行することもできます。このような場合、契約後、カードの到着待ってから利用できるようになります。
みずほダイレクトを使うことによって、オンラインで借り入れを利用することができます。ただし、平日の15時までと決まっているので注意が必要です。

基本的に、みずほダイレクトを利用していて本人確認種類や収入証明書の提出が不要となり、そのうえでネット完結申し込みを行なうようにすると、かなりスピーディーに融資を受けることができます。それこそ、即日融資を希望しているような場合には、できるだけこの方法でいくようにするのがおすすめです。
ATMからの借り入れを行なうような場合には、やはりカードが必要になりますから、契約後、カードが届くまで待たなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA