専業主婦でも銀行のカードローンからお金が借りられる 専業主婦でも銀行のカードローンからお金が借りられる

消費者金融会社などの貸金業者では収入の無い専業主婦がご利用するのは難しいです。
それは総量規制で貸金業者への借入総額は原則年収の3分の1以上は超えられないと制限されているからです。
配偶者と併せて年収の3分の1までなら借りられるのですが、配偶者の同意と婚姻関係を証明する書類の提出が必要です。
手続きが面倒になるために大手の消費者金融では収入の無い専業主婦にお金を貸しているところは少ないのが現状です。
そんなときでも銀行のカードローンなら総量規制の対象外、専業主婦用に30万円から50万円ほどのご利用限度額をご用意しており、専業主婦でもお金を借りることが可能です。
それには配偶者に安定した収入があることが条件ですが、配偶者の同意も婚姻関係を証明する書類の提出も不要です。
配偶者の収入証明書類の提出も求められないですし、銀行のカードローンによっては主婦には勤務先の在籍確認を行わないところがあります。
配偶者に知られずに専業主婦がお金を借りたいと思えばできるのです。
しかしローンカードがご自宅に届きますので、このときに配偶者に知られてしまう可能性があります。
郵便物をいつも専業主婦ご自身で管理されている場合は大丈夫ですが、ローンカードを見られて知られてしまうと後で問題になりかねないです。
なるべく事前に配偶者とご相談してから銀行のカードローンにお申込みされたほうが良いです。
お金を借りた後は元本と利息を併せた返済額を毎月お支払いしないといけないです。
配偶者の収入から返済することになりますので、あまり返済額が多いと大変ではと思われるでしょうが大丈夫です。
銀行のカードローンでは残高スライドリボルビング返済方式で、毎月最少の返済額に調整されています。
余裕をもって続けられるような毎月の返済額が設定されます。
最少のままだと返済は楽ですが、返済期間が長くなり利息のお支払いが多くなるので、ボーナスなど配偶者に臨時収入が入ったときは多めに返済したいと頼まれると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA