銀行でお金を借りるといろいろなメリットがある 銀行でお金を借りるといろいろなメリットがある

個人の方が小口融資を受けるには、消費者金融などの貸金業者や銀行などがあります。
このうち銀行でお金を借りると貸金業者より金利が低い、ご利用限度額が高い、銀行ならではの安心感があるなどのメリットが大きいです。
利息のお支払金額は金利が低いほど、借入額が多いほど、返済期間が長くなるほど多くなります。
貸金業者では利息制限法によって上限金利が定められています。
借入金額10万円未満で年20%、借入金額10万円以上100万円未満で年18%、借入金額100万円以上で年15%が上限です。
これ以上の金利で貸付すると違法になり罰則を受けてしまいます。
このため大手消費者金融なら上限金利で18%くらいで設定されていることが多いです。
しかし銀行のカードローンなら上限金利で14%台、ネット専業銀行なら10%以下の金利でお金を借りることができるのです。
小口融資では借入額が少ないので数%ほどの金利差ではそれ程大きな利息のお支払金額の差になって現れてこないですが、何度もご利用限度額の範囲で繰り返し借入していると後々大きな差になって現れてきます。
銀行のカードローンでは借入残高に応じて毎月の返済額が変わる、残高スライドリボルビングの返済方式を採用しているところが多いです。
毎月最少の返済額が設定されて返済が楽ですが、最少のまま返済を続けていると返済期間が長くなってしまいます。
そこで追加返済を小まめに行うと、返済期間を短くし利息のお支払金額を減らすことができます。
銀行のカードローンは金利の低さとご利用限度額の高さを生かし、複数の貸金業者からの借入をおまとめする目的にも便利です。
3社に返済していると毎月3回も返済作業を行う必要がありますが、銀行のカードローン一つにおまとめすれば毎月の返済作業は1回だけになります。
何かとメリットの多い銀行のカードローンですが、消費者金融と比べると審査に厳しいです。
しかしアルバイトやパートでも安定した収入があればご利用が可能な銀行のカードローンは多いです。
特に他社からの借入総額や借入件数が多すぎたり、信用情報に事故情報が記録されていない限り大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です