銀行でお金を借りるには? 銀行でお金を借りるには?

銀行でお金を借りるには保証人が必要です。しかし保証人といっても誰でもなれるわけではありません。これは、なぜ銀行側が保証人を立てる事を絶対条件としているかを考えれば分かります。借りた本人が、何らかの理由で返済出来なくなってしまった時、痛手を負うのは銀行側です。返済額が大きければ大きいほど銀行側は損をします。誰だって好んで痛手を負いたいとはおもいません。なので、保証人を立てるのです。銀行側が定めた一定額以上の資産があることや、収入の有無、借金の有無、反社会勢力に入っていないかなど様々な角度から保証人を審査します。

借りる金額が大きくなる程、保証人の審査基準は高くなります。
また、借りる本人も保証人同様に審査されます。借りたお金の使い道、年収、職業、独身か既婚かなど保証人以上に厳しく審査されます。
この審査を通過して初めて銀行からお金を借りる事ができるのです。

このように、銀行からお金を借りるには借りる本人だけでなく、第三者の保証があって借りられるのです。また、保証人の他に担保を要求する銀行もあります。最近ではバブルの崩壊により高値で売買されていた土地が暴落し、価値が半減してしまうケースが多く見られる事から土地や建物を担保として要求しないケースもありますが、地方都市の都市開発が盛んなエリアや、東京ですと23区内などは、担保として要求するようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です