銀行でお金を借りるメリット色々 銀行でお金を借りるメリット色々

お金を借りる場合、ほとんどの人が思い浮かべるのは消費者金融でお金を借りるという方法ではないでしょうか。確かに消費者金融は誰でも気軽にお金を借りれるため利用者が多いのも頷けますが、銀行でお金を借りると言う選択肢も存在しているのをフご存知でしょうか、
銀行でも消費者金融と同等のカードローンサービスを展開しており、消費者金融とほぼ変わらない使い方でお金を借りることが可能になります。銀行を選ぶメリットももちろんあり、まず一つ目は消費者金融と比べて金利が低く利息の支払いが少なくて済むと言うことです。消費者金融の場合、ほとんどのカードローンで金利18%が標準となっていますが、銀行の場合は金利が14%程度になっている場合がとても多いと言えます。その差は4%にもなりますから、長期利用を考えた場合金利の安い銀行を選んだほうが負担が少なくて済むと言えます。
さらに銀行の場合、消費者金融のような総量規制がありません。総量規制とは年収の三分の一以上の貸し付けを規制する貸金業法の法律のため、どのような理由があっても年収の三分の一以上は借りられない仕組みとなっています。しかし銀行は銀行法で営業を行っているので、もともと総量規制という規制自体が無いわけです。ですから銀行が判断してOKが出れば、年収の三分の一以上の借り入れが可能になると言えます。
これはもう少し借りれればいいのに借りられないという人には最大のメリットとなるでしょうし、多く借りても消費者金融よりも利息の支払いが少なくて済むので、銀行でお金を借りた場合は多額の利用で利息は少ないという使い方が可能になるわけです。もちろん審査を通過する必要はありますし、銀行の判断次第では一定額以上の借り入れが最初は出来ない場合もありますが、長い目で見た場合には消費者金融よりも銀行のカードローンのほうが、メリットが大きいと考えて良いのではないでしょうか。返済に関しても、銀行口座からの引き押しでの返済に対応しているので、そういった面でも銀行は便利だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA