銀行でお金を借りる際にスムーズに審査を通るためにできる2つのこと 銀行でお金を借りる際にスムーズに審査を通るためにできる2つのこと

銀行からお金を借りるときに不安を感じるのは審査を無事に通るかどうかということではないでしょうか。一般的に銀行の審査は消費者金融の審査よりも厳しいとされており、そして、審査の時間も長いので不安を一層募らせてしまいます。では、どうすれば銀行からお金を借りる際に、審査をスムーズに通過することができるのでしょうか。今日は、銀行の行う審査の内容とともに心がけることができる2つのポイントについて記したいと思います。
まず、銀行が審査を行う際に私たちのどんな点に注目しているのでしょうか。年収はもちろん注目しています。消費者金融の場合には過去一年間の年収が主に注目されるのですが、銀行の場合は利用したいローンによって状況は違います。例えば、住宅ローンなど長期間にわたるローンを組みたい場合には、銀行は過去数年の年収の状況を調べます。ですので、今後住宅ローンを考えているのであれば、できるだけ今のうちから安定した年収を得ていることが必要です。
また、銀行が審査を行う点で注目しているのは本人の信用状況です。これは過去にどこかから借金をしていないかどうか、消費者金融を同時に複数の会社利用していないか、さらには返済が遅れたりしていなかったかということを調べます。また、勤続年数も注目される点です。もし勤続年数が短い場合には仕事が続かないというマイナスの印象を与えてしまいます。
では、こうした点を踏まえてどのように審査をスムーズに通過することができるでしょうか。2つのポイントを取り上げたいと思います。まず最初にできる点は勤続年数についてです。もし勤続年数が短いのであれば、なぜ短いのかの理由をきちんと記しておくことは大切です。それがキャリアアップのためであれば、マイナスの評価になることはありません。次にできる点は信用情報を事前に確認しておくことです。信用情報を扱っている組織がありますので、そこから情報を得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です