銀行でお金を借りる際に注意したい遅延損害金と代位弁済 銀行でお金を借りる際に注意したい遅延損害金と代位弁済

銀行でお金を借りる際に注意したいのが遅延損害金です。
銀行のカードローンでは毎月の約定返済日に約定返済額をお支払いすることになっています。
この約定返済日に遅れてしまうと遅延損害金が発生してしまいます。
遅延損害金は銀行のカードローンによっても違いますが、通常の金利と同じまたは20.0%くらいに設定されています。
元本と利息のお支払いとは別にこの遅延損害金をお支払いしないといけないです。
通常の利息と同じように遅延損害金は日割計算で遅れた日数分だけ加算されていきます。
遅れれば遅れるほど遅延損害金が増えてしまいますので、約定返済日に遅れてしまったときは出来るだけ早く返済することが大切です。
消費者金融のカードローンでは事前に電話などで連絡すれば待ってくれることがありますが、銀行のカードローンでは待ってくれることはほとんど無いです。
返済に遅れる理由に一番多いのがうっかり忘れです。
銀行のカードローンにもよりますが返済方法はインターネット、ATM、口座からの自動引き落としなど様々です。
このうち口座からの自動引き落としを選んでおけば、うっかり忘れによる遅延を防止することができます。
返済に遅れると信用情報に事故情報が記録されてしまうと心配される方は多いでしょうが、1日2日くらいなら大丈夫です。
事故情報として記録される場合は2か月3か月くらいが多いです。
2か月3か月くらい返済を延滞されると銀行が契約している保証会社が、ご利用者に代わって銀行にお支払いし、銀行に代わってご利用者に請求を開始します。
これを代位弁済と呼んでいますが、債権者が銀行から保証会社に移っただけなのでご利用者の返済義務は残っている状態です。
催促に応じないとご自宅に一括返済を求める代位弁済通知書が保証会社から届きます。
交渉によって分割返済が認められることが多いですが、保証会社は消費者金融会社や信販会社であることが多いです。
銀行からお金を借りていたのに、消費者金融会社や信販会社である保証会社へ移ってしまいますので注意が必要です。
返済に困らないように無理のない返済プランを立ててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA