銀行でお金を借りる際に銀行があなたをチェックしている4つのポイント 銀行でお金を借りる際に銀行があなたをチェックしている4つのポイント

銀行からお金を借り入れるというと非常に難しそうに感じるかもしれません。確かに消費者金融からお金を借り入れるよりも銀行のほうが審査が厳しく、時間もかかります、では、銀行からお金を借りる際にどんな点に気をつけるべきでしょうか。今日は銀行があなたをチェックする4つのポイントについて記したいと思います。
まず、その前に記しておきたいのはあくまで銀行が融資をするかどうかをする際に行う審査の内容は非公開です。もちろん、銀行は審査を行う際に明確な基準を設けていますが、それを公開しているわけではありません。それで、今日これから記す内容は多くの人の経験や結果から判断しているものです。
さて、銀行チェックする最初の項目は年収です。これは銀行だけでなく、消費者金融でも必ず重要視される項目です。年収は過去一年だけではなく、家のローンなどを組む際には過去数年前にさかのぼって調べられます。ではなぜ年収を重要視するのでしょうか。それは、銀行が一番知りたいのは本人に返済能力があるかどうかだからです。その点で、年収は返済能力を図る上で非常にわかりやすい項目となります。
では、次に銀行があなたをチェックするポイントはなんでしょうか。それは勤務している会社です。勤務している会社が安定している企業であれば、信頼は増します。逆に、中小企業、またはベンチャー企業であれば不安定な要素が多く、長期にわたって返済できるか疑問を感じてしまうかもしれません。
次にチェックされる項目は、勤続年数です。勤続年数は当然長いほうが信頼が増し、有利に働きます。勤続年数が短いと、コロコロと仕事を変えている人という印象を与えます。
4つ目にチェックされるのは現在住んでいる家が持ち家か、賃貸かということです。もし持ち家の場合には資産として、担保できるので、銀行にとっては仮に返済できなかったとしても差し押さえることができ、貸しやすくなります。
このように銀行からお金を借りる際にはいくつか注意すべき点があることが分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA