銀行でお金を借りる3つのメリット 銀行でお金を借りる3つのメリット

お金を借りるところというと、どこをイメージするでしょうか。例えば消費者金融やクレジットカード会社。他にもいろいろありますが、ほとんどの人は銀行をイメージすると思います。では、その銀行。何故多くの人がお金を借りるのでしょうか。ここでは、銀行でお金を借りるメリットを3つ挙げようと思います。
まず1つ目は、目的に合った様々なローン商品があることです。例えば、住宅を購入する際に多くの人が利用する住宅ローン。子供の進学サポートをはじめ、最近では自分の資格取得や留学費用をサポートしてくれる教育ローン。マイカーの購入をサポートしてくれるマイカーローン。そして、使い道が自由な多目的ローンや少額から借り入れられるカードローンなどがあります。このように銀行では、利用する人それぞれのニーズに応じた最適なローンを選ぶことができるのです。
2つ目のメリットは、銀行の大規模な資金力を活かし、多額の資金が借りられることです。最も有名なのは住宅ローンでしょう。一般の人に住宅購入の資金何千万円を、長期的に貸してくれます。また、カードローンにおいても消費者金融などの貸金業者に比べると利用限度額の上限が高く、最近では700~800万円という借り入れも可能となっています。
そして3つ目のメリット。これは最近よく言われている総量規制の対象外であることです。総量規制とは、複数の金融業者から借金をしている多重債務者の増加が社会問題になり、それをきっかけに設けられたルールです。原則、年収の3分の1以上の借り入れは不可となりました。この総量規制は、消費者金融などの貸金業者に適用されるため、収入が少ない人は少額の借り入れしかできなくなり、収入のない専業主婦などは借りられなくなりました。これに対し、総量規制が適用されない銀行は、審査が通ればより多くの借り入れが可能になります。また、少額の融資や配偶者の同意を得られれば、専業主婦にも貸し付けを行ってくれる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です