銀行とその他業者のキャッシングの差とは 銀行とその他業者のキャッシングの差とは

キャッシングを利用したいと思った時に銀行とその他の金融機関という選択肢があります。
実は銀行のキャッシングは他の金融機関とは少し違うのです。
どんな点が違うのか比べてみましょう。

■銀行なら年収の3分の1を超えてキャッシング利用できる
総量規制により現在はキャッシングの利用限度が年収の3分の1までとされています。
そのため銀行以外の金融機関では年収の3分の1以上の借入ができません。
しかし銀行は総量規制の対象外となっています。
もちろん借金の総額が大きくなればキャッシングの審査自体を通過できない可能性は高まりますが、
ルール上の上限はなくなります。

■銀行なら専業主婦でもキャッシング利用できる
こちらも総量規制によるものなのですが、専業主婦には収入がありません。
従って年収の3分の1までのキャッシング利用を適用すると借入自体ができないことになります。
つまり一般の金融機関では事実上キャッシングの利用ができなくなります。
しかし、一般の金融機関でも配偶者の収入と合算して年収を算出することが可能な場合もあります。
ルール上は可能なのですが、配偶者貸付を実際に行っている業者はとても少なく選択肢が殆どありません。
一方で銀行であれば比較的簡単に専業主婦でもキャッシング利用が可能です。
ただし、利用の限度額は30~50万円程と低く抑えられています。

■銀行でキャッシングした方が金利が安い
いちばん重要な利息について、一般的な金融機関よりも銀行の方が金利が低い場合が多いのが特徴です。
もちろん条件によっては銀行よりも他の金融機関の方が安く済むこともありますので比較する必要はあります。
しかし、大抵の場合は銀行の方が安く借りられますので、まずは銀行の金利を参考にして比較すると良いでしょう。

■銀行キャッシングは時間がかかる?
銀行でのキャッシング利用は実際にお金を借りられるまでに時間がかかることがあります。
即日融資を謳っていてもあくまでも最短の場合即日というお話です。
もちろん一般的な金融機関なら確実に即日融資というわけではありませんが、
早めにお金を用意したい場合には銀行のキャッシングは向かないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA